ブロードウェイ

ミザリー Misery(上演終了)

スティーブン・キングの原作の映画でも有名な『ミザリー』だが、それを見た事がなかったので、ハラハラ続きのスリラーそのものだった。ブルース・ウィリスはアクション俳優として有名になっている為に、メディアの彼への評価は今イチだが、才能のあるいい俳優だといつも思う。

国王チャールズ三世 King Charles III(上演終了)

舞台は英国王室。政治にはあまり口を挟まず政府との調和を保ってきたエリザベス女王だったが、彼女の逝去後、 王座に即位したチャールズ三世は、長年続いた「王座についた暁には…」という想いが過ぎてか、時代錯誤の傾向がある様だ。ついつい政治に口を出してしまい、議会を通った報道規制法の承認に反対して、そこから政...[Read More]

アリージェンス Allegiance(上演終了)

『アリージェンス Allegiance』は「忠誠」という意味。ブロードウェイでも黒人やゲイの差別への反感を表現する試みが、あらゆる作品で観られる中、アジア人への差別について語られる作品は観た事がない。当時の 人々は、自分を差別視するアメリカという国に属するアメリカ人の自分と、日本人の自分の間でどれほ...[Read More]

春の目覚め SPRING AWAKENING(上演終了)

2006年にトニーで、最優秀ミュージカル作品賞を受賞したもののリバイバル。10週間限定公演で、耳の不自由な 俳優が半数を占めるという革新的なアプローチをしている。斬新なこの作品は、大きな反響を呼んでおり、今後のブロードウェイの舞台にも なんらかの影響を及ぼすと思われる。若者達が思春期に、その繊細で傷...[Read More]

シルビア Sylvia(上演終了)

トニー受賞者マシュー·・ブロデリック、ジュリー・·ホワイト、アナリー・アシュフォードという3人の華麗なキャスト、やはりトニー賞受賞者ダニエル・サリバンの演出で、ペットと飼い主との愛情、そしてペットを飼う家ならよくある家族間での焼きもちや、公園での散歩の時間での出来事などを、コメディタッチで描いた心暖...[Read More]

Fun Home(上演終了)

New話題作!

元々はアリソン・ベクデルが2006年に出したベストセラー自叙伝漫画。2013年にオフ・ブロードウェイのミュージカルになり多くの賞を受け、ブロードウェイに進出することが決まった。今回トニー賞では12部門にノミネートされ、主演マイケル・セルヴェリスに始まる5部門で受賞した。

Finding Neverland(上演終了)

アカデミー賞にもノミネートされた『ネバーランド』を舞台化した新作ミュージカル。1904年初演の戯曲『ピーター・パン 大人になりたがらない少年』の劇作家ジェームズ・マシュー・バリーがピーターパンの物語を完成させるまでの経緯を描いたセミ・ドキュメンタリーもの。バリーピーターパンのモデルとなる少年との出会...[Read More]

7

満足

Wicked

10/30/03 から上演されているこのブロードウェイ・ミュージカルは、ハリウッドの大手映画会社ユニバーサルと数名のプロデューサーが約14億円を投資し制作された。 原作はグレゴリー・マグワイアによる小説『オズの魔女記』。 映画『オズの魔法使い』のお話は ドロシーがオズの国にやって来るところから始まる...[Read More]

7

満足

The Phantom of the Opera

19世紀末のパリ、オペラ座が舞台で、マスクをつけて劇場に住み着き、皆から恐れられている「怪人」と、彼に歌手としての素質を見いだされ、彼からレッスンを受けるコーラスガールのクリスティン、そして彼女の幼なじみで新たにオペラ座の後援者となったラウル子爵の三角関係のラブ・ストーリー。 フランスの作家ガストン...[Read More]

Lost Password